ベネッセ 個人情報漏洩 最高裁判決

まとめると 平成26年7月ころ、ベネッセの会員4000万人分の個人情報が漏洩と発表 ベネッセは1人500円の図書カード又はマネーギフトをお詫びに送付 これに納得しない会員が提訴。高裁で敗訴したが、最高裁が破棄・差戻 大阪高裁判決 漏洩によって、迷惑行為を受けているとか、財産的な損害を被ったなど、不快感や不安を超える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「賃料が約束と違う、大阪市にだまされた!」 社団法人が提訴

まとめると <城東区役所>庁舎建て替え巡り訴訟合戦への続報です 基本合意書の内容が少し分かってきました 口頭の説明 市の口頭の説明は、市が工業会に払う土地賃料と工業会が市に払う新庁舎の賃料をほぼ同額にして相殺することで、どちらも負担は「0」になるようにするという内容だった、とのことです。 基本合意書 基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強制わいせつ「性的意図」不要か=大法廷で弁論、判例見直しも-最高裁

まとめると 女児にわいせつな行為をし、その様子をスマホに撮影した事件 強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反などで起訴 知人から金を借りる条件として撮影データを送るよう要求されたと主張し、強制わいせつ罪については無罪と主張 最高裁判所大法廷の審理が結審した。 刑法 (強制わいせつ)第一七六条 十三歳以上の者に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い粉動画事件、正式裁判へ移行

まとめると youtuberが、グラニュー糖を交番の前で落とし、覚せい剤と間違えて持ち主を追いかけてくる警官の動画をアップした。 業務妨害の容疑で逮捕、罰金40万円の略式命令を受けた。 しかし、正式裁判移行を申し立てた 刑事訴訟法 第四六一条 【略式命令】簡易裁判所は、検察官の請求により、その管轄に属する事件について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンセグ携帯は「受信設備の設置」? 司法の判断は

まとめると ワンセグ携帯を持っているだけで、受信契約締結義務があるかどうかについて大阪地裁で判決。 放送法は「受信設備の設置」した者はNHKと受信契約を締結する義務があると規定しています。 大阪地裁は、ワンセグ携帯を受信できる状態に置いておくことも「受信設備の設置」にあたると判断しました。 放送法64条1項本文 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相「改憲必要なくなった」=昨年、田原氏に明かす

まとめると 田原総一朗氏が平成28年8月末に安倍総理と面会 総理は、集団的自衛権行使を可能とする憲法改正は「必要性が全くなくなったと語った。 理由は、「アメリカ側の要請がなくなったためだ」と説明。 第3次アーミテージ・ナイ報告書 平成24(2012)年8月の第 3 次アーミテージ・ナイ報告書には、 「3.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保釈中の被告、判決前に出国 水戸地裁、公判期日延期

まとめると 覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の被告人が3月に保釈された。 保釈後も裁判に出頭、8月の論告求刑にも出頭。 しかし10月6日の判決言渡期日には不出頭、直前に海外に出国していた。 覚せい剤取締法 第四一条の二  ① 覚せい剤を、みだりに、所持し…た者…は、十年以下の懲役に処する。 ② 営利の目的で前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高裁7裁判官の国民審査

まとめると 10月22日の総選挙の際に、最高裁判所裁判官の国民審査が行われる。 小池裕、戸倉三郎、山口厚、菅野博之、大谷直人、木沢克之、林景一の7名が対象 過去に罷免された例はない。 参議院の定数訴訟 とりあえず9月27日の定数不均衡訴訟の判決を見たところ    合憲  12人    違憲状態 1人    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<城東区役所>庁舎建て替え巡り訴訟合戦へ

まとめると 2012年大阪市が社団法人から土地を月額56万で借りた 借りた土地と市有地の上に城東区役所を建築 社団法人は区役所の建物に入居することになっていた 合意書には、賃料は不動産鑑定で算定するものの「地代に近似することが望ましい」との文言があったが、市は月額112万円を提示 社団法人は入居を拒み土地の明け渡しを求めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違法残業  電通に罰金50万円の判決 東京簡裁

 まとめると 広告大手・電通の違法残業事件で10月6日に判決 会社が労働基準法違反(長時間労働)に問われた。 東京簡裁はは求刑通り罰金50万円の判決を言い渡した。  労働基準法 (労働時間) 第32条  ① 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。  ② 使用者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「刑重すぎ」検察が異例控訴=東京高裁で減刑、大麻所持事件

まとめると 大麻所持事件の東京地裁判決に対して、検察側が控訴した。  検察官の求刑は懲役1年6ヶ月、地裁判決は 懲役1年6ヶ月 執行猶予3年 だった。  検察の求刑が重すぎたとして、検察弁護双方が控訴、東京高裁判決は懲役6月 執行猶予3年で確定した。 大麻取締法 第1条  この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオパレス21に集団訴訟相次ぐ 銀行と不動産業者が結託、裏で手数料も

まとめると  レオパレス21のサブリース契約をめぐって集団訴訟が相次いでいる。  オーナーが借金をしてアパートを建設、レオパレス21がアパートを一括して借り上げ入居者を募集  オーナーには30年間は賃料を減少しないと口頭で説明しているが、契約書には賃業を減額できると記載  空室が埋まらないとレオパレスはオーナーへの賃料減額を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入れ墨彫師に罰金刑=医療行為と判断-大阪地裁

まとめると   入れ墨(タトゥー)の施術をした彫り師に、罰金15万円の有罪判決があった。   医師法17条は、医師でない者が医療行為をすることを禁じている。    判決は、入れ墨は「医療行為」にあたると判断。 医師法 第十七条 医師でなければ、医業をなしてはならない。 第三十一条   次の各号のいずれか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1票の格差:昨年7月参院選は「合憲」…最高裁判断

まとめると  2016年7月の参院選、1票の格差が最大3.08倍だったが、最高裁は合憲と判決をした。  2つの合区と、10増10減をしたことを評価。  2017年10月22日投票の衆院選については、投票翌日に全区で提訴するグループと、投票前に差止請求をするグループがあるそうです。 最重要の問題?  中坊が生前「○○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬物犯罪に治療検討=政府の再犯防止案

まとめると  刑務所出所者らの再犯防止推進計画の中間案がまとまった。  薬物犯罪者について、刑務所に入れるのではなく、病院での治療や自助組織への通所させることが柱。  再犯防止推進法を受けた対応。 再犯防止推進法  再犯防止推進法は、国が次のような施策を講ずることを定めています。   ① 再犯防止に向けた教育・職…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相:28日解散を表明 消費増税分の使途を変更

まとめると 安倍首相が、9月28日に召集される臨時国会の冒頭で衆議院を解散すると表明 解散の理由として、「生産性革命」「人づくり革命」「消費増税分の使い道を変える」ことを挙げた とくに税にかかわる重大な変更は、国民に信を問わなければならないと述べた。 衆議院の解散 衆議院を解散するのが内閣不信任決議が可決された場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行中の航空機の部品が落下、大阪市中心部を走行中の車に直撃

まとめると  飛行中の航空機の部品が落下  大阪市中心部を走る車を直撃、けが人はなし。  事務所からめっちゃ近いです。 航空会社の責任を制限する条約  航空事故で乗客が死亡した場合などの損害賠償については、ワルソー条約、モントリオール条約で、金額の上限が規定されています。  今回のように、乗客以外の第三者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性の育休誤解が壁 取得率3.16% 「歓迎されない」と遠慮 九大院調査

まとめると  九州大学の研究班が男性の育休についてアンケートを取った。  自分は育休者を好ましいと思うが7割超、他者は育休者を好ましく思わないが4割弱との結果。  しかし、自らは育休を取得しないだろうとの結果も。 世間の目がつらい  最近、物販のチェーン店の店長さんから「主夫」になった人に話を聞く機会がありました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

府営住宅、日影規制違反で取り壊し?入居者退去も検討

まとめると  44年前に完成した5階建ての府営住宅で、日影規制違反の可能性があることが分かった  44年前にも、19年前にも建築確認を求めているが違反は認められなかった。  府は周囲の居住環境を害する恐れがないとして適用除外を求めたが、堺市は認めなかった。 建築基準法 この府営住宅の都市計画の指定は下記のとおりです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦別姓「戸籍法は容認」国際結婚で選択可、民法合憲を問う 事実婚2人提訴へ

まとめると 夫婦同姓は法の下の平等に反するとして慰謝料請求訴訟が提起される。 男女不平等ではなく、国際結婚の場合と比べて不平等という理由。 夫婦別姓(最高裁判決)  最高裁H27.12.16(民集69-8-2586)については、以前触れたことがあります(公文書、旧姓でOK)。  この裁判で、夫婦同姓が、男女不平等な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more